奈良県医療政策局長・危機管理官とコロナ感染症について面談

4月22日奈良県医療政策局長・危機管理官と創生奈良会派代表として面談。内容は、県のコロナ感染者の現状・医療等について。

医療政策局長は、医者で感染症の事は、詳しい。

この間、副知事、教育長(文教くらし委員として、県教委)のコロナ対策、生駒市の担当等と話をしたきた。

個人的には、知事が緊急事態宣言を要請した方が、県民に分かりやすいと思うのだが。特に、県外から奈良の飲食・観光等に

来ることの対策が必要。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です