国の借金、過去最大で1114兆円と戦前の国債

〇国の借金、過去最大で1114兆円、1人当たり901万円となる。

画像:大日本帝国政府の支那事変の国債      国の借金、1114兆円(ようするに、国債と借入金、政府短期証券の残高を合計したもの)。

つい最近の新聞記事で小さく掲載されていたが、本当は、財政が大変なことになり、深刻な内容である。

この国債は、私の実家にあった国債の証書で、何枚かあったその一つである。大日本帝国政府の支那事変の為に発行した国債であって、償還されなかったので、手元に残っていたものである。

国債の元本と利子の支払いについては、消滅時効の制度があるため、戦前や戦中に発行された国債は、その国債についての消滅時効が完成しており、元本や利子の支払いは受けることができない。

そこで、過去最大で1114兆円の借金を考えた時。

普通の方法で返済など到底不可能であって、戦前のように国債のデフォルト、借金を実質的に減らす為に、インフレーションでの方向で解決していくのかも知れない。

本年は、新型コロナウイルス感染症に伴う経済対策の一つとして、所得制限を設けず、国民1人あたり10万円の給付、新型コロナウイルス感染症に関連した事業者支援についての予算等が必要である。

しかし、日本の置かれている現状を十分に認識しておかないと、将来、日本の財政破綻が現実の起こる可能性がある。

大人は、子供達に多額の借金を残して、バトンを渡すことにならないか危惧する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です