奈良県スモン病患者を支援する会の活動

奈良県スモン病患者を支援する会の活動

奈良県スモン病患者を支援する会 畠中理文さんを訪問 畠中さんは、16歳の時にスモン病を発病(薬害)。

視神経が侵され、今でも日常的に手脚が痺れる。 私は、10年前から支援する会の会長をしています。

私は、マンションや奈良県総合医療センターの入院時の保証人になっている。定期的に訪問。

スモン病とは

亜急性脊髄視神経症。特定疾患(難病)の一つ。症状は下痢、腹痛が三日~一週間続き、

下痢が止まるころから足先にしびれを感じ、次第に上行して下半身まで麻痺が及び、歩行困難 等になる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です