奈良県「大立山まつり」事件(損害賠償請求事件)

2018年10月30日奈良地裁で弁論

本日は、裁判長から事件の立証計画の提案があり、証人尋問で当時担当の県職員中西氏を尋問

することで、原告と被告の弁護士が一致した。

他の証人尋問については、不一致で、推移をみてとなった。

次回の弁論は、12月20日4時50分
被告訴訟代理人は、県依頼の弁護士。補助参加人訴訟代理人として電通から3名。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です