「殺処分ゼロをめざす奈良県議会議員連盟」会長阪口保

「殺処分ゼロをめざす奈良県議会議員連盟」会長阪口保

NHK報道

犬や猫の殺処分をなくそうと、奈良県議会で超党派の議員連盟が発足し、県に対して犬や猫の不妊去勢手術を促すなど取り組みを強めることになりました。

今月6日に発足した「殺処分ゼロをめざす奈良県議会議員連盟」は、自民党奈良や創生奈良、それに日本維新の会、公明党、共産党の5つの会派に所属する20人の議員で構成され、19日、代表者が会見を開きました。
県によりますと、県内の犬や猫の殺処分は近年、大幅に減少していますが、昨年度、奈良市を除く県内で殺処分された犬や猫は844頭で、特に、生まれて間もない子猫が多いということです。
このため、議連では野良猫などの不妊去勢手術の費用について、県のふるさと納税制度を利用して寄付を募るよう県に提言するほか、来月、犬や猫の収容や譲渡、殺処分などを行っている県の動物愛護センターを訪問し、今後必要な施策について検討するとしています。
議連の会長をつとめる阪口保議員は「動物愛護の取り組みを進めることが豊かな社会につながっていくと思うので、超党派で取り組み着実に殺処分ゼロを目指したい」と話しています。

政治意識調査の見直しを求める決議を提案

画像は、NHK報道

政治意識調査の見直しを求める決議を提案しました(正式には、投票行動分析を通じた地方政治研究事業の見直しを決議案)。

決議案を提出にあたっては、創生奈良会派の同意のもと、維新、共産、新政なら、公明等の会派に働きかけました。

また、定例会で賛成を頂けるように、決議案の内容も一部修正しました。

しかし、決議案が否決され残念な結果となりました。

この一月、開示請求に始まり、県議会での代表質問、各会派への働きかけなど、随分と時間をさいて努力をしました。

今後は、1月上旬に住民監査請求に向けて、書類を作成していきます。

NHKの報道

「創生奈良」の阪口保議員から県が行った有権者に選挙の投票先などを尋ねる政治に関する意識調査の見直しを求める決議案が提出されました。
決議案では「憲法で保障されている投票の秘密が侵されるのではないかという不安が県民に生じている」などとして、

調査結果の公表の中止など慎重な対応を求めているほか、県議会議員への調査を含む今後の調査は中止すべきだとしています。
採決の結果、日本維新の会など4つの会派が賛成しましたが、自民党と公明党のあわせて4つの会派は反対し、

賛成18、反対23の反対多数で否決されました。

奈良県内における政治意識調査

 

 

奈良県内における政治意識調査では、調査対象者に学歴、デモに参加したか。

誰に投票し、その理由を問う。

憲法に保障されている投票の秘密、思想・信条の自由の自由を侵害するもの。

知事は、学者が考えたと、責任の転嫁。

阪口保代表質問後の、産経、朝日、毎日、読売新聞が報道。産経記事掲載。