奈良県スモン患者を支援する会

5月3日 奈良県スモン病患者を支援する会会長として、スモン病患者の畠中理文さんを訪問。

畠中さんは、スモンを風化させないために著者を発行。

今も後遺症に苦しみながら前向きに頑張っておられる。

本日は、マンションのエレベーターが壊れたので、ゴミ出しに来ました。

県議会議員になる前に、前会長が約7000万円を横領したので、某新聞記者に頼まれ、告訴状を書き

奈良地検に告訴する手伝いをしたのが始まりです。

その後、ボランティアで、スモン病患者を支援する会の活動を続けています。

この10年間で、会員も亡くなられ随分と減りました。その分、活動も減りましたが、亡くなられた方の顔や話をした内容を思い出すので

辛いです。

私は、大学時代と教員時代に、四日市喘息、水俣病、足尾銅山鉱毒事件等に関心を持っていて、四日市喘息の視察や中学校で公害の授業も

してきました。

自分が好んで、告訴状を書いたり、スモン患者の面倒を見たいとは思っていませんでした。

当初は、現職の教員で見張り番・生駒代表幹事、奈良県市民オンブズマンの代表幹事を務め、政務調査費の裁判等を5件ぐらい抱えていました。

6月、7月、8月は、いつもパソコンの前で、住民監査請求書をかきながら布団もひかずに寝ていました。

無理をするとどこかで歪が来るもので、今迄に3回救急車で搬送されたことがります。呼吸が苦しくて、病院に行ったら、医者の判断で救急車を呼び、

即、専門病院で手術になったこともありました。私は、忙しかったので手術を避けたかったのですが、もし、医者が適切な判断をしてくれていなかったら

たぶん、死んでいたと思います。

そこで、今は、自分のペースで仕事をして、無理をしないようにしています。

5月2日 スモン病患者を支援する会の活動で奈良総合医療センターへ。

連休には、スモン患者を支援する会の活動をしています。

スモン患者のNさんが入院しているので、畠中さんの本を届ける。

コロナ対策で、受付に本を渡し。Nさんとは、メールでやりとり。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です